多発性硬化症(MS)・視神経脊髄炎(NMOSD)
センター開設のお知らせ

 
当院では最新型MRI機器の導入に伴い、2022年11月から多発性硬化症専門外来を多発性硬化症(MS)・視神経脊髄炎(NMOSD)センターとして開設することになりました。

 診察日は火曜日(午前中)・水曜日(午後2時〜4時)・土曜日(午前中)です。完全予約制です
ので、診察希望の方は電話にてご予約下さい。

    担当医:  昌星 (医学博士)
         社会医療法人城西医療財団 城西病院 病院長
         国立大学法人信州大学 名誉教授
         日本神経学会認定 脳神経内科専門医
         日本神経免疫学会 名誉会員
         日本アフェレシス学会 名誉会員


  〇多発性硬化症(MS)の治療薬:

   MSの多くは、再発と寛解を繰り返した後に徐々に症状が進行していきます。再発の回数を
  減らし、進行期に入らないようにすることが必要で、この目的で使われるのが再発予防・進
  行抑制の薬です。
  これらの薬を「疾患修飾薬(disease-modifying drug; DMD)」といいます。

   DMDは再発回数を減らし、MRIの病巣が増えないようにします。DMDを使うことで残さ
  れる障害が減り、進行期に入るのを遅らせることが期待できます。
  日本では2022年4月現在、8種類のDMDが承認されています。

   1)ベタフェロンR(インターフェロン・ベータ1b) 皮下注射・2日に1回
   2)アボネックスR(インターフェロン・ベータ1a) 筋肉注射・1週間に1回
   3)コパキソンR(グラチラマー酢酸塩)       皮下注射・1日に1回
   4)イムセラR、ジレニアR(フィンゴリモド塩酸塩) 飲み薬・1日1回
   5)テクフィデラR(フマル酸ジメチル)       飲み薬・1日2回
   6)メーゼントR(シポニモドフマル酸)       飲み薬・1日1回
   7)タイサブリR(ナタリズマブ)          点滴・添付文書上は4週に1回
   8)ケシンプタR(オファツムマブ)         皮下注射・4週に1回

   疾患修飾薬(disease-modifying drug; DMD)を使用中は1回/3か月 MRI検査を施行する
  ことが望ましいとされています。


  〇視神経脊髄炎(NMOSD)の治療薬:

   視神経脊髄炎(NMOSD)は何も治療をしていないと再発を繰り返す病気です。しかも1回
  目の再発が大きく、1回の再発で失明したり車椅子生活になったりすることもあります。
  そのためNMOSDでは診断されたらすぐに再発予防治療を始めます。

  日本では2022年6月現在、4種類の再発予防薬が承認されています。

   1)ソリリスR(エクリズマブ)          点滴・2週間に1回
   2)エンスプリングR(サトラリズマブ)      皮下注射・4週間に1回
   3)ユプリズナR(イネビリズマブ)        点滴・6カ月に1回
   4)リツキサンR(リツキシマブ)         点滴・6カ月ごとに2週間隔で2回

   疾患修飾薬(disease-modifying drug; DMD)を使用中は1回/3か月 MRI検査を施行する
  ことが望ましいとされています。

 


              - 詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい -
           TEL (0263) 33-6400(代表)
             (多発性硬化症(MS)・視神経脊髄炎(NMOSD)センターまで)

          お問い合わせは、月曜日〜金曜日の午前9時〜午後5時の間にお願いいたします。