診療情報管理室

診療情報管理室
診療情報を適切に管理・運用し、役立つ情報を提供する部署として、平成16年4月に開設されました。「診療情報・診療記録は、患者さんのためのものであり、また病院および医療従事者にとっても貴重な財産である」ことを心に秘めて業務を行なっております。

診療録(カルテ)の内容(記入漏れ、不備など)をチェックし、完成した診療録を製本・保管、得られた診療情報からデータベースを構築し、必要な資料の作成を行ないます。これらの資料は、医療の質の向上や病院経営への重要な資料となります。また、診療情報開示に対する事務的な業務も行います。


busho4.jpg(1)外来診療録、入院診療録の管理(記載情報の質と量の点検)
(2)外来・入院診療録のアリバイ管理(カルテの所在を明らかにする)、院内貸出業務
(3)退院時要約(サマリー)の早期作成の推進と管理
(4)診療情報の抽出とICD-10などによる疾病分類
(5)個人情報保護管理、診療情報開示に関する事務
(6)コンピュータ及びネットワークの保守とヘルプ業務